トップ » 不燃木材・木材用塗料 » ミネラルウッドの特徴

ミネラルウッドの特徴

ミネラルウッドには、杉間伐材・合法木材が使われています。天然成分の無機質を木材に注入し、木材細胞壁、さらに細胞内部を無機質質で充填することにより、不燃性、寸法安全性、防腐性、防虫防蟻が飛躍的に向上した上、安全な改質素材です。

用途に合わせて3つのWGC【無機複合化改質木材】

ミネラルウッドエース《A》

(杉)(内装用)(無塗装)

不燃材料〔認定番号NM-1708〕、防腐強、防虫防蟻、寸法安定性

ミネラルウッドベース《B》

(杉)(内装用)(無塗装)

準不燃材料、防腐、防虫防蟻、寸法安定性

ミネラルウッドクリスタル《C》

(内外部)(液体ガラス注入)

ガラス化木材、細胞壁を石英ガラス化、防腐、防虫防蟻、寸法安定性

 

ミネラルウッドA

国土交通省認定 天然不燃木材

不燃木材試験の様子
(左の小屋未処理、右の小屋不燃木材処理)
 

image11 image21 image3 image4
①試験前 ②試験開始 着火 ③左、未処理の小屋
 は燃えつづけます
④左、未処理の小屋は原形を留めません

 

厳しい国土交通省の不燃試験に合格

 
ミラクルウッドAは、厳しい国土交通省の不燃試験に合格。【認定番号NM-1708】

image31 スギ12ミリ~50ミリという幅のある設定を取得、内装等に面積の制限なしに使用できる不燃木材です。
不燃木材の規格品、注文品、お気軽にお問い合わせ下さい

 

ミネラルウッドAの特徴

①優れた防蟻、防腐性能

防虫防蟻性や優れた防腐性能を兼ね備えているため、有害性の高いシロアリ駆除や防腐剤が不要です。
 

②寸法安定化

ガラス質注入により木材の寸法安定化を実現、経年経過しても反り返りません。そのため建材だけにではなく、多くの用途に使用が期待できます。
 

③有害物を出しません

国土交通省が行う試験には、マウスを使ったガス有害性試験、行動記録試験があります。結果、避難上有害な煙または、ガスを発生しないことが認められました。
 

ミネラルウッドC

◎ガラス複合化改質木材

◎ミネラルウッド 高性能の木材

◎不可能を可能にする液体ガラス

 
ミネラルウッドCに使われる液体ガラスは、
天然素材であるケイ素を成分とする浸透性常温安定ガラス生成剤です。これは、コンクリート、石材用のガラス塗料シーラーを中性化し、より安全で、木材に適したノンケミカルな浸透剤です。木材に注入し、木材細胞壁にガラスを形成することで、難燃性、寸法安定性、防腐、防虫防蟻をたかめるだけでなく、曲げ強度も上昇します。
 

杉丸太で暴露試験

image62 image10
(写真伐採注入後16ヶ月経過)
ガラス質を注入した木材は寸法安定性が出るため、乾燥しても割れ止め効果が発揮されます。
左:未処理  右:ガラス質注入
 

ファインクリスタルWシステム

ミネラルウッドには専用塗料をお使いください。この塗料は、ミネラルウッド専用コート材です。優れた対候性、防染性を発揮します。
 
image42
(写真、注入後屋外暴露)
上:液体ガラス注入・コート材施工
下:未処理・無塗装

試験体、既に1年半経過していますが、褪色・劣化が殆どみられません。
 

ミネラルウッドC(クリスタル)施工例

image6 image22